タウン情報誌 Cityかまがや100号

連載エッセイ53 気まぐれティータイム
「100繋がり」         江上真悟(俳優)http://ameblo.jp/egamax/

 先ずは「Cityかまがや」100号おめでとうございます! 繰り返しと積み重ねの成果でしょうね。僕は45号(1998・春)の「インタビュー」掲載をキッカケにこのエッセイ連載がスタートしたので、「Cityかまがや」とのお付き合いは13年になります。素人文章ながら「よく続いてるな」と我ながらちょっと感心したりも……(笑)。

 13年前の45号をめくってみると、日本ハム入団記事で紹介されている古城選手は現在読売ジャイアンツでプレー、清水選手は去年現役を引退されています。講師をしている専門学校の卒業生は33歳。教え子の結婚式にも何度か出席。彼らは「年功序列」という素晴らしい四文字熟語を忘れていたようです(笑)。

 「Cityかまがや」も100号なら、帝劇も100年!(強引に100繋がりネタ)その記念公演「細雪」を観劇。谷崎潤一郎の原作を菊田一夫氏の脚本によって「はかなくも美しい物語」として舞台上に蘇らせていました。終演後、四姉妹の次女役で出演している賀来千香子さんの楽屋へご挨拶。賀来さん主演の月曜ゴールデン「女取調官」がシリーズ化され、今回もご一緒させて頂きました。佐賀県警の刑事役です。ドラマ出演は数多いですが、逮捕したり、されたり、殺したり、殺されたり……。「相棒」では逮捕されましたけどね(笑)。でも今のドラマ事情は厳しいです。テレビ番組を見ての通り、ゴールデンタイムでのドラマの数はめっきり減り、役者の仕事も不況が続いています。

 100繋がりネタをもうひとつ。この秋、カルチャーセンターが100店舗目として西新宿にオープン!(のはずが、東北が被災のためボツとなり99店舗目)その西新宿カルチャープラザで「絵本を読む」という講座を受け持つことになりました。興味のある方は「Cityかまがや」編集部までお問い合わせ下さい。ちなみに鎌ケ谷にも2店舗あるようですね。(鎌ケ谷大仏&鎌ケ谷初富)ではまた!