Cityかまがや101号

連載エッセイ54 気まぐれティータイム  繰り返し http://ameblo.jp/egamax/ 江上真悟 (俳優)

写真:Cityかまがや100号記念パーティーにて 隣は藤岡麻美さん(シンガーソングライター)

 また一年が始まっています。今年の年賀状に書いた言葉――「繰り返し……積み重ね……」
一年一年を繰り返し、一日一日を繰り返し……。人生八〇年とするならば、寝て起きて寝て起きてを二九二〇〇回繰り返すことになりますね。日々の生活も仕事も、時には会話も繰り返し……。でもその中でも人は変化や刺激を求めたりも……。それがエネルギー源となるのかもしれません。

 以前テレビで瀬戸内寂聴さんが語っていました。「人間は慰めの中で生きているのです」 この言葉を聞いた時、全ての物事が解決出来るというか、思わず納得したもんです。変化や刺激も自分に向けての慰めかもしれませんね。つまり「人は繰り返しと慰めの中で成り立っている」なんてね。大切なのは如何に繰り返していくかでしょう。与えられた繰り返しの時間を消化試合のように繰り返していくか、ネガティブに繰り返していくか……。  あっ!テレビでも「繰り返し」が放映されています。国会中継での代表質問。繰り返しの質疑と繰り返しの答弁。同じような言葉が何度も何度も……。積み重ねのない質疑応答。この繰り返しに税金はいくら使われているのでしょうか? 議員さんたちを集めて「自分の思いを、自分の言葉で、リアリティを持った表現力」とかいうレッスンでもやってあげましょうか……。それとも原稿を読んでいるだけなら朗読のレッスンでもいいかな……(笑)

 さて、今年も三月から美輪明宏さんの舞台の稽古がスタート! 作品は八年振りの再演となる「椿姫」です。美輪さんのエネルギーはまさに「繰り返していく力」といっていいでしょう。そしてその「積み重ね」が今を物語っています。  まぁゆっくりと一歩一歩繰り返していきましょう。大地震の繰り返しだけはないことを祈りつつ……。