Cityかまがや111号インタビュー

かのう内科クリニック 院長 加納 寛さん    地域に密着した「かかりつけ医」をめざして


■ 地域デビュー ■

―開院おめでとうございます。  加納先生は鎌ケ谷総合病院副院長として、循環器内科に6年半余勤務され、今回は鎌ケ谷駅西口2分の所に開院ということで、うれしく思っている方おなじみの方もたくさんいらっしゃると思いますが。  

 ありがとうございます。以前の患者さんも私のところへ来てくださったりしています。内科、循環器内科を中心にワーファリンコントロール、高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病の診療、健康診断、予防接種なども行います。よい医療を提供するとともに、地域の皆さんにホームドクターとして気軽にご相談いただけるようになりたいと思っています。  鎌ケ谷駅周辺のお店も一回りしてみました。おいしいお店もたくさんありました。いいところですね。早く地元に慣れて自分が協力できることはやっていきたいと思います。

■ 大病院との連携で ■

―最近の病院は専門化し過ぎて何科に行ったらよいのかわからない時がありますが。
 地域の医院と大病院との連携が大切だと思っています。大病院はそれぞれ得意分野がありますので、その得意分野を選択しご紹介できるので、まずはご相談ください。膠原病やあるいは血液や神経などの病気は早めに専門科に橋渡ししたほうがいいでしょうね。こういった見極めをきちんとやっていきたいと思っています。
―大病院で一日待っているのがきつい人や、遠くに通うのは大変な人、大病院に行くほどではないけどちょっと体調の悪い人など近くに病院があれば安心です。
 血液検査はその日のうちにとはいきませんが、翌日には出ます。特に異常な場合は検査所から、すぐ医院にファックスが来るし、私も患者さんに電話します。  たとえば胸が痛いときは心臓の負担を減らすことが大事なので、歩かない、じっとしていてください。心筋梗塞は心電図を見るとすぐわかります。そういう時はわたしも救急車に連絡、大病院に運びます。まだ1ケ月ちょっとなのにもう二人ほど救急車呼びましたよ。  初期のこの動脈のふわふわした状態が危険で血液が流れなくなると梗塞になります。とにかく安静にすることです。
―お医者さんを志したのは。
 親族に医者が多かったので、それを見ていて、高校生になってからですね。2浪して親には迷惑かけてしまいました。予備校では一生懸命勉強しました。大学に入ってからは奨学金とアルバイトで。国立だったので月謝はそんなでもないのですが、専門書は半端でなく高い。だから、読んだ本を専門店に売りに行ったりしましたね。

■ 夕食は野菜中心です 

―最近はテレビの健康番組も多いですが、先生はご覧になりますか。
 夜帰るのが遅いのであまり見ませんが、患者さんから教えてもらうことはありますね。ああいった番組のおかげで、生活習慣病もへり、人間ドッグに入ろうかという人は増えたそうです。健康への関心が高まることはよいことですよ。
―先生はスマートですがどんな健康法を?
 たいしたことはしてませんが、食事と運動が大切です。夕食は時間が遅いので、野菜中心にしています。運動は水泳が好きでフィットネスクラブに行ってやっていたのですが、足を痛めましてね。
―えっ!今号の特集はうっかり怪我の話ですが、どうなさったのですか。
 今年2月の大雪の日、両手に重い荷物を持っていましてね。凍った雪道で滑りました。右足の腓骨を骨折。松葉づえついて診療していました。3ケ月くらいかかりました。で、水泳はお休みしていますが、もうそろそろ再開しようと思います。
―最後にお医者さんの上手なかかり方を教えてください。
 バックグラウンドがわかると診断や治療がしやすいので、お薬手帳、血圧手帳(高血圧の人)、自己管理手帳(糖尿病の人)などのある人は持ってきていただいて、いつごろどんな病気をしたか、また今回はいつごろ、どんな痛みや症状があるのか、メモしてきたりして、お話いただけると最高ですね。
◇   ◇   ◇  初めてお会いしたのは、鎌ケ谷総合病院の医療講演会であった。講演は専門の循環器の心臓や動脈硬化の話であった。講演のあとも参加者の個人的質問に丁寧に答えておられた姿が目に浮かぶ。  地域医療に燃える加納先生だが、大病院も数多く体験され、経験を積み、深い医療技術に加えて、温和なやさしいまなざしは必ずや患者の心を和らげてくれるだろう。  お医者さんの前に行ったらドキドキで症状を説明するのに、あれも言い忘れたこれも忘れたと思う私ですが、何でも話を聞いてくれそうなそんな先生でした。

ぷろふぃーる  昭和40年2月5日埼玉県生まれ。好きな言葉「一生懸命」 B型。妻、子供2人、松戸市在住。
           平成3年東京医科歯科大学医学部卒業。医学博士。
資格 総合内科専門医、循環器専門医 日本心血管インターべンション学会専門医・認定医
職歴 平成3年東京医科歯科大学医学部第二内科研修医 平成4年北信総合病院循環器内科 平成7年横須賀共済病院循環器内科 平成12年青梅市立総合病院循環器内科 平成13年青梅市立総合病院循環器内科副部長 平成14年東京医科歯科大学医学部付属病院循環器内科 平成15年千葉西総合病院循環器内科・主任部長 平成19年鎌ケ谷総合病院循環器内科・副院長 平成26年5月19日かのう内科クリニック院長 診療科目  内科・循環器内科
休診日  火曜午後・木曜・日曜・祝日

診療時間 日・祝
 9:00~12:00
15:00~18:00

電話 047-446-7122 

http://kanou-clinic.com