Cityかまがや112号 鎌ケ谷の自然を訪ねて111

鎌ケ谷、観光の魅力、こんなオススメポイントが・・・     写真と文 秋山秀一

「鎌ケ谷大仏が、交差点の方に少し動いたらしいんです。大仏商店街の人が言ってるんですよね」  商工振興課のKさんがそう言った。理由は、地震の影響と言う人もいれば、大仏コロッケが食べたいから、と、言う人もいるとのこと。こういう話、ぼくは大好きである。いいな~と、思う。  
「千葉、観光の魅力」 高校生フォトコンテスト
 高校生を対象にしたこんなフォトコンテストが実施される。ポスターをご覧になった人もいると思うが、〈観光立県千葉〉、その観光の魅力を、高校生の視点で写真に撮ってもらおうというもの。第4回目となるこのフォトコンテスト、今回から主催が鎌ケ谷市になった。後援には東武鉄道、北総鉄道、新京成電鉄、千葉県観光物産協会のほか、観光経済新聞社、東京成徳大学人文学部観光文化学科、それに、このCityかまがやなどが並ぶ。

 鎌ケ谷市は都市部にありながら、歴史・文化・自然が共存した魅力的なまちです。また、日本の玄関口「成田国際空港」と「東京」を結ぶ中間地に位置し、多くの人々が交わるまちです。…(中略)…「出会いのまち鎌ケ谷」で、千葉の新たな魅力に出会えるよう、千葉県の観光にスポットをあてた、フォトコンテストを開催いたします。高校生の皆さんから〈観光立国千葉〉は、どんな風景が見えますか?
 市内のいろいろな所に貼られたポスターに、こう書いてある。  高校に在籍している人であれば、千葉県民でなくても、日本全国、いや、世界中のだれでも、応募できる。高校生の目で見た、千葉県の魅力ある観光スポット…。それを、鎌ケ谷市が主催して、フォトコンテストを開催する。素晴らしいことである。多くの人に応募してほしいと思う。どんな作品が出てくるか、今から楽しみだ。
 このコンテストの実務は、市役所の商工振興課が担当する。ということで、商工振興課の皆さんといろいろ話をしてきた。その話の流れで、Kさん、Hさん、お二人に、「市民アンケートの結果も考慮して決めた」という、鎌ケ谷市内のおススメの観光スポットを案内していただくことになった。  回ったところは、市制記念公園、貝柄山公園、鎌ケ谷スタジアム、新京成電鉄車両基地、海上自衛隊下総航空基地、市役所屋上、鎌ケ谷大仏。
 「市制記念公園は、スカイライナーが通る時だといいんですけど」  と言いながら、Kさん、スカイライナーがここを通過する時間を、時刻表を見てチェック。市制記念公園で蒸気機関車と飛行機をそばで見た後、展望台に上った。  で、待っていると、「ゴー」。電車が近づいてくる音が…。「アッ」。慌てて小型のデジカメのスイッチをオンにするが、間に合わない。そりゃ、当然。こういう時は、カメラも、選ばないとね。
 鎌ケ谷スタジアムでは北海道日本ハムファイターズ首都圏事業部のMさんから、いろいろいい話を聞かせていただいた。これは、一度、改めてゆっくり取材して、書くことに…。  応募の締め切りは12月26日。このタウン誌を見て初めて知ったという高校生のみなさん、鎌ケ谷で撮った力作を応募しませんか。 (旅行作家・大学教授・旅楽舎代表)

▲市制記念公園のそばをスカイライナーが行く ▲貝柄山公園 ▲下総航空基地 ▲鎌ケ谷スカイビュー
▲市制記念公園 ▲新京成電鉄車両基地 ▲鎌ケ谷スタジアムとカビー君 ▲鎌ケ谷大仏