Cityかまがや115号    連載エッセイ68  気まぐれティータイム
      夏の近況      江上真悟(俳優) http://ameblo.jp/egamax/  

 今年から現代書の世界へ踏み入れ、公募部門で初出展した「誠心社現代書作品展」(6月・上野の森美術館ギャラリー)で誠心社賞、続いて「第32回産経国際書展(7月・東京都美術館)」では現代書部門で特選。いきなりの初心者が連続受賞という快挙をしでかしました――イヤ、成し遂げました。
 7月の作品は一畳サイズの紙を横にして「戯」という一文字。デカい筆を使っての初めての体験はワクワクとドキドキでした。高円宮妃殿下もご列席の中、明治記念館での贈賞式ではトロフィーを頂きました。今年の夏、まさかこのような状況になるとは誰が想像したでしょうか……(笑)
 
 現代書は自由自在な独自性が求められている書体なので、特に手本がある訳ではありません。そこで僕の場合は練習材料として友人知人に好きな漢字一文字をあげてもらい、それを何度も練習して自分なりに完成したものを差し上げています。もう百人位にはなるでしょうか。
 役者の世界に「一人百役」という言葉がありますが、「一人百字」にはなりました。リクエストされた漢字は「繫・動・勝・進・運・活・誠・魂・星・仁・華・成・匠・貫・叶・輝・歩・夢・真・優・超・磨・心・結・輪・彩・宙・素・響・陽・忍・義……」等々。「愛」はありませんでしたね(笑) その中でも一番苦戦したのは「生」でした。何枚書いても上手くいかず……。やはり生きるというのは難しいということですかね(笑) ハイ、ではここで読者プレゼント! 好きな漢字(一文字)を江上パワーを込めてプレゼントします――なんて編集部と打合わせなしに勝手に書きましたが、もし欲しい方がいましたら編集部へお問い合わせ下さい。

 春に続いて延長追加公演として「黒蜥蜴」を上演します。(9月4日~21日 東京芸術劇場プレイハウス)美輪明宏さん最後の「黒蜥蜴」となります。  夏の近況といえば……年齢がひとつ増えました。赤い夏です!(笑)