Cityかまがや116号

 連載エッセイ69     気まぐれティータイム  「 再会 」    江上真悟 (俳優) http://ameblo.jp/egamax/

 この夏、美輪明宏さん最後の「黒蜥蜴」の幕が閉じました。千秋楽のカーテンコールでは色々な想いが胸をよぎりました。過去の出演者を思い出してみると、芸能界から去っていった人、亡くなられた人……等々、「人生いろいろ」です。来年の美輪組作品は「毛皮のマリー」。H21年以来の上演となります。  

 さて……「黒蜥蜴」本番中のある日のコト。終演後、ひとりの女性が楽屋に訪ねてきました。彼女の顔を見た瞬間「!!」(仮りにS子とします)
江上「えっ!?S子さん?」 S子「お久しぶり」 江上「今日、観に来たの?」 S子「ええ、やっとチケット取れて」 江上「どの位ぶりだろ?」 S子「38年ぶりよ」 そうなんです、38年ぶりにS子さんと再会!早速劇場を出て喫茶店へ……。

  江上「まさかまた会えるとはねえ」 S子「楽屋へ行くのすごく迷ったんだけど、思い切って行っちゃった」 江上「あまり変わらないね」 S子「変わったわよ」 江上「お子さんは?」 S子「大学生の女の子がひとり。離婚して、今ふたりで住んでる。江上さんは?」 江上「ずうっと独身だよ」

 そのうち話題は想い出話しへと……。鎌倉の由比ヶ浜で見た初日の出、国立競技場でのサッカー観戦、あの頃の友人ネタ……。話しは尽きることなく、時間の経つのを忘れていました。当時僕は22歳の大学生で彼女は20歳。実は……交際していた人なんです。(プライベート初暴露!笑)

 俳優業を続けていたからこそ、こんな再会もできたのかもしれませんね。そういえば先日、専門学校の講師室で18年前の教え子との再会もありました。彼は今38歳。 ーーという事は、38年ぶりの再会は彼の人生の時間と一緒なり。コワッ!