Cityかまがや117号

第23回全国中学校駅伝大会 鎌ケ谷第五中学校男子が3位入賞 おめでとう!  
 
 平成27年12月13日、全国中学校駅伝大会が山口県セミナーパーククロスカントリーコースで行われた。
 千葉県代表で出場した五中男子が48チームの中、3位入賞という嬉しいニュースがあり、1月15日、陸上部顧問の岡崎崇典先生にお話を伺った。

 五中は畑に囲まれた静かな環境にあり、また校庭は市内の学校で一番広い。
 チーム作りは、10月開催の東葛駅伝大会を目ざして7月に希望者を募った。運動部だけでなく、ギター部、吹奏楽部からも参加し、70~80人の生徒が駅伝部員となり練習。1・2年生は部活のあい間をぬって、3年生は秋には部活も終了しているので参加者も多かった。走る意欲、勝負強さ、タイム等からベストメンバーを選出した。

 昨年の東葛駅伝大会で8位になって生徒たちに自信がついたこと、又長距離で県大会優勝という子もいたので、今年は「全国で勝ちたい」と生徒たちの気持ちが高まり、目標を達成するために、何をしたら良いか、話し合いながら練習を重ねてきたと岡崎先生は振り返る。顧問として心がけていることは走ることを好きになって楽しく走ること。また、どんなに良い結果を出しても、生活面がきちんとしてないと意味がないので、部活以外の面での指導にも力を入れているという。  「練習をしてきたことが全国3位という結果になり、生徒たちには本当によくやったなと声をかけました。嬉しかったですし、応援いただいた地域の皆さん方への感謝の気持ちも忘れないで欲しいです」と笑顔で語ってくれた。

▲記録57分25秒(3㎞×6人) 1区(笹目)2区(中島)3区(中村)4区(永山)5区(横尾) 6区(石井)選手 ▲顧問 岡崎先生~伸びる要素は「真っ直ぐな気持ち」です!  五中に赴任して4年。教科は体育。3年生を担任。鎌ケ谷三中出身。