Cityかまがや119号  寮生ざっくばらん
   
北海道日本ハムファイターズ「勇翔寮」の選手たち。 大学を卒業しての新入団投手二人に、7月20日の試合後(対読売ジャイアンツ戦)インタビュー

井口和朋投手29

どんどんアピールして一軍に定着。ファンの皆さんに楽しんでもらいたい
―きょうの試合はいかがでしたか。
 0点に抑えることができて良かったです。

―学生時代とプロになってからとどんなところが違いますか。
 学生時代は練習量が多かったが、ここでは量より質です。専門の方たちの指導で、自分のできている所、できない所を教えてもらえて、質の高い練習ができています。

―ドラフトでファイターズに決まった時はどうでしたか?
 とてもうれしかったです。大学は網走で、札幌ドームまでは5時間位かかるので殆どテレビ観戦でした。今日は鎌ケ谷でしたが、一軍で20試合位投げました。親には一軍での活躍を見せたいです。

―趣味は。
 時間があると音楽を聴く。試合前は気持ちを高めるために先輩たちの入場曲を聴きます。


田中豊樹投手47
はやく北海道に行って、みんなに応援してもらえる選手に!


―鎌ケ谷スタジアムの印象はどうですか。
 きれいですし、野球をやる環境がすごく整っています。

―一番驚いたことは何ですか。 
 ファンがいっぱいいて、皆さん温かいことです。二軍に対してそういうイメージがなかったので、びっくりしました。

―心掛けていることは?
 人への「感謝」です。たとえ厳しいことを言われても、プラスに考えて、自分の成長への試練ととらえ感謝しています。

―コーチにはどんなことを言われますか。
 「小さくなりすぎるな」といわれます。プロになってからは考えすぎてしまうのでしょうね。

―趣味は。
 映画を見ること。ららぽーとの映画館へ。もちろん一人です。