Cityかまがや126号 2018夏号   NETWORK

秋山秀一さんの本 
ヨーロッパ観光事情 「まち歩きの楽しみ」が 出版されました
1500円+税
 新典社刊

 本誌「自然を訪ねて」でおなじみの秋山秀一さん、「旅は感動、発見、そして創造」だという。今回の本はちばぎん総合研究所が発行する月刊誌「マネジメントスクエア」に書いた物の中からヨーロッパ14か国リスボン、プラハ、ブダペスト、ベネチア、トレド、ドレスデン、ドゥブロヴニク、バーデン、タリン、リトアニア共和国・・・等24の都市について、2012年7月号から2016年11月号に掲載された選りすぐりの情報を集め1冊の本にまとめたものである。

 例えば第二次大戦勃発時、リトアニアでユダヤ人にビザを発給「命の外交官」といわれた杉原千畝氏の話など、それぞれの国や都市の背負っている歴史を、それとなく散りばめている。

 その国と日本との交流を語りながら、路地を歩き、店をのぞき、カフェで休み、展望台からの眺めを満喫したりしながら、現在の人々の日常を伝えている。が、各所にアルコールと温泉好きな旅人秋山さんの様子が伺える。

*本誌に30年間連載した「鎌ケ谷まち歩きの楽しみ」(新典社)も合わせてお読みください。鎌ケ谷ブランド館(イオン新鎌ケ谷店内)にて販売中。 *You Tubeで「秋山秀一世界旅」配信中。