Cityかまがや126 2018年夏号

㈱東洋ハウジング社長 西峰秀一
書き下ろし連載コラム 「ひと・まち・くらし」


◇第一回◇ 「これからの暮らしを考える」

 暮らしは「その国の文化の現れ」とも言われます。そうしたとき、「日本の暮らしとは?」「日本の文化とは?」どのようなものでしょうか?
 
 明治維新後の日本は、世界に追いつくこと「西洋化=近代化」で駆け抜けてきました。その結果、日本人の美意識は、西洋文化を前にして日本的なものを貧弱とする風潮がありました。
 
 私たちの暮らしとは?豊かさとは?そうしたことをいま再び考えるとき、日本人特有の美意識に注目するのは、大事な糸口かもしれません。単なるノスタルジーではなく、現代の最先端の技術を駆使しながら、しかも簡素で簡潔な暮らし方をもう一度見直すことができるかもしれません。
 
 大きなものから小さなものへ。
 たくさんのものから少ないものへ。さまざまな価値観も大きく変わろうとしています。
 
◆これからの暮らしについて、みなさんはどう思われますか? ご意見、ご感想をお寄せください。(FAX047―498―6497)寄せられたご意見、ご感想は、東洋ハウジング公式ホームページ(http://www.toyo-housing.jp/)でご紹介いたします。

*簡単な手直しや雨漏りなど、暮らしでお困りごとがありましたら、こちらへどうぞ。
「暮らしのご相談ダイヤル」 0120―44―6480