Cityかまがや128号(2018年12月冬号)

ばとんたっち 川上英明さんから

中学、高校と野球ばかりでしたね。今はゴルフ。上手ではないですが…。火曜日の店休日には妻と釣りに房総へ行ったりしています。
                             ~ 森 幸次さん

 昭和39年に大仏駅前で祖父が徳寿司を始めて、親父が継いで、私も高校卒業してから二人でやってきました。4年前に親父が亡くなり、母と妻と3人で店に出ています。
 子どもの頃はいたずらっ子で、ご近所に迷惑かけてばかりでした。同級生がいっぱいいましたし、この辺りは原っぱでしたからカブトムシを捕ったり、池にはいったり。
 小学3年の時、遊び仲間に農家の息子もいましたから、5人位でその子の家の畑に入って、西瓜を20個くらい割って。少しは食べたかもしれませんけど、割ることが楽しかったのかなぁ。もう叱られた叱られた。その頃は近所の大人たちも親と同じように叱ってくれてましたね。
 家で猿も飼っていたり、紙芝居屋が来たり…。楽しかった思い出がたくさんあります。  次は玄蕃秀一さんへばとんたっちします。


仕事はテナントビルの管理業務。東部小の青少年相談員の時に子ども達を成田の航空科学博物館へ連れて行ったこともありましたね。
                           ~ 玄蕃秀一さん


 森さんから取材の話を聞き、自分が操縦する飛行機で大島へ出かけたときの記事を思い出しました。Cityかまがや32号。  私は趣味のアマチュアパイロット、飛行機に興味を持ったのは小学生の時。先生が放課後の校庭で、エンジン飛行機をワイヤーで飛ばしてくれて、その頃からずーっと空から離れずにいます。
 28歳で訓練所へ行き、4年かけて日本で操縦士の免許を取りました。  友人12~13人でお金を出し合って飛行機を買い、北海道から九州まであちこちに飛んだものです。  今は水上飛行機のキッドを組立て中。大型台風の影響があって完成に時間がかかりそう。  次は梨農家の大野和夫さんへ
   
 青少年相談員の頃、子ども達と田んぼを始めて、その後も鎌ケ谷唯一の田んぼを大人たちで続けて、米の収穫を楽しみました。
                         ~ 大野和夫さん

 前に住んでいた谷地川の所が県の貯水池整備計画地内に入っていましてね。氾濫地域で大雨が降ると排水状況が悪くて溢れて…。周りに宅地が増えて都市型災害というのでしょうか、自然排水が間に合わなくなってきたようです。
 同じ中沢ですが高台に移って3年目。梨農家ですから引っ越しは大変でした。1年半かかったかな。梨の木を根付きで50本運びました。元のような梨ができるのには3年位かかると思っていましたが、今年はそこそこ実がついて、できも良くてよかった