Cityかまがや128号(2018年12月冬号)

鎌ケ谷自動車学校 平田賢二さん快挙 全国学科教習競技大会で 最優秀賞に輝く

 自動車学校の学科教習の充実、教習指導員の教習力の向上、及び教習要領等の研鑽を図ることを目的に開催される全国指定自動車教習所学科教習競技大会が、今年10回目を迎えた。

 平成30年10月16日(火)アルカディア市ヶ谷にて鎌ケ谷自動車学校の指導員平田賢二さんが関東東地区代表として出場、競技課題は「特徴的な事故と事故の悲惨さ」。全国から20人の各地区代表が競い合い「最優秀賞・優秀教習所」の栄冠を勝ち取った。

 競技は2会場に分かれて、計10名の審査員が審査。  審査内容はまず発表態度。服装や姿勢がきちんとしていて信頼感があるか、声の大きさ速さ間の取り方が程よく聞き取りやすいか、表情や視線が自然で言葉使いは分かりやすいかといった表現力や説得力が問われる

 発表の内容が課題にふさわしく、論旨が正しくまとめられており、全体の組み立てがうまくいっているかといった構成力。教材や機材の活用は有効で見せ方の工夫がなされ、身近な事例を取り上げて創意工夫されているか。また安全運転行動を遵守する動機付けになっている内容であるか。さらに実際の教習現場で活用できるものであるかなど、あらゆる角度から採点された。

平田さんおめでとう。