Cityかまがや130号(2019年6月6日発行)夏号

㈱東洋ハウジング社長 西峰秀一
書き下ろし連載コラム
「ひと・まち・くらし」


第5回
「令和の快適バスタイムのススメ

令和になって、初のコラムですね。
 届いたメールのご紹介から、鎌ケ谷市の「かまたんさん」より。
 『お風呂の掃除が大変。出入りの際に握る手摺も欲しいのですが…簡単にできますか?』

 メールありがとうございます。早速お答えします。
 最近はバスタブにお湯をはらないで、シャワーだけで済ます方も多くなっているとか。私はお湯をはって「ゆっくり浸かる派」です。それはさておき…
 簡単なチェックポイントをお教えします。
 Q1・ご自宅のお風呂で、次に当てはまる項目はありますか?
□脱衣所の床がブヨブヨしている
□浴室の床・壁にヒビが入っている
□カビがひどい
□排水溝が流れにくい
□浴室のメンテナンスを今までしたことがない

 チェックが1つでもついていたら、今がリフォームのタイミングかもしれません。なぜなら、これらは浴室構造の腐食が進んでいるサインです。腐食を知らずに手摺を取付すると、手摺本体が脱落してしまい、思わぬケガにつながる危険性があります。
 腐食が進む前にリフォームしたほうが、無駄なお金がかからない場合が多いので、チェックが1つ以上ついた方は、早目に相談しましょう。

◆「新元号・令和記念キャンペーン」開催中!「令和」の漢字がお名前に含まれている方、特別工事価格でご提供します。
◆お風呂の定期点検など、ご相談はこちらへ
「暮らしのご相談ダイヤル」フリーダイヤル0120―44―6480