タウン情報誌 Cityかまがや131号(2019年9月) NETWORK

五つ葉のクローバー見つけた! 更に四つ葉のクローバーも  

 
6月、雨上がりのある日小学生の孫に付き合って囃子水公園でバドミントン。もともと雨水貯留地の公園ゆえ、湿地で足元は雑草で覆われている。下手同志ラリーが続くわけでもなく、バドミントンの羽は宙を舞い、何度も落下する。そんな羽を拾いながら、見つけてしまった「五つ葉のクローバー」。
 まさか「5枚なんてあり?」と目を疑う。やっぱり5枚だ。傍にいた孫は「4枚のクローバーが幸せになるというなら、5枚だから、何倍の幸せかな」と。抜いてしまうと幸運が逃げていきそうな気がして、スマホで写真を撮った。辺りを見回したがたった一つしかないようだ。上の写真が五つ葉、下の方の葉が少し小さめだが切れている。

 たくさんの幸せをもらった気分でいたら、友人が言った。「五つ葉のクローバー」って縁起が悪いんだって聞いたことあるよ」  「えっ、スマホの写真消すべき?」なんて心配しながらネット検索してみた。「こっそり持っていると病気になる。でも人に贈ると贈った人も贈られた人も幸福になる」とある。ならばいいことだけを信じよう!

 葉が増える原因については突然変異、踏まれるなど刺激を受けると分裂したり新規に再生4枚以上になるなどといわれているが、はっきりわかってはいない。  五つ葉の花言葉は「財運」経済的繁栄」で、1枚1枚の葉に意味があり、日本では愛、希望、健康、知恵、五枚目が財運とある。  アメリカでは名声、富、満ち足りた愛、素晴らしい健康、で4枚そろって真実の愛が得られる。  今までの最多記録は花巻市で2009年5月発見された56枚葉。これは沢山の葉になるように交配に交配を重ねたものだそうだ。

 1週間後、気になって再びクローバーを見に。五つ葉は健在。3mほど離れたところに今度は四つ葉のクローバーを発見してしまった(写真下)。