練習日
☆火曜日
☆19時20分〜
東初富公民館
代表 田口光夫さん 
444-3505
東初富ソシアル

社交ダンス$ウ装した男女が舞踏会で踊る、そんなイメージを抱きながら夜の東初富公民館へ。会社員や主婦など女性ばかり20名近くがダンスシューズに履きかえスタンバイしていた。

講師は男性ばかり5名。競技ダンスでレベルアップを計っている研究熱心な方ばかりだ。そして、講師のサポートをする安藤さん。講師陣に非常に恵まれたサークルである。

スローフォークスロットの軽快な音楽が流れ始めた。講師の北林先生、田口先生、永田先生と女性の会員がペアとなり踊る。先生方と踊れるので、まさに手取り、足取りでアドバイスがいただける。それに上手な方のリードで踊るので上手くなった気分になり、自分の番が待ちどおしいそうだ。

競技ダンス歴16年の北林先生は「技術面だけでなく相手に失礼のないようにマナーも大切なことだ」と言う。社交ダンスの極意を感じる。音楽を担当しているのは、いつもにこやかな田口会長の奥さんのとし子さん。夫婦で始めた動機はパートナーに困らないため。ダンスサークルは女性会員が圧倒的に多く、男性は貴重な存在だ。北林先生と同じくプロの先生の指導を受けているそうだ「ここで人に教えるのも良い勉強になるのですよ」と田口夫妻。

会員年令は大体50代〜70代、入会の動機を伺った。健康の為、ボケ防止です。と控え目に言うが、本心は「上手になりたい」なのだ。目が物語っていた。2つのダンスサークルかけ持ちの方や、船橋から遠征の人もいる。以前習ったこともあってと心得のある方が多いようだ。習うのに条件は?との問いに音楽に合わせて体を動かせることができれば合格。気持ち良く踊ることですよと、紳士はサラリと語った。


BACK