City かまがや     www.citykamagaya.com

●●●人から人へわが街の輪●●●
ばとんたっち

前号猪口栄一 さんから→

“音楽する”って心を伝える喜びだと思う。竹内圭子さん (道野辺本町)
 ピアノは4歳から始めました。母に「上手になったね」と認めてもらうのが嬉しくて、帰ってきてもピアノの練習を済ませてからでないと遊びには行きませんでした。  20歳でヤマハ教室の講師に。こども達に教えるむつかしさを痛感しました。練習をしないで教室に来る子がいるのにはホントびっくりしました。  今は自宅でピアノ、そして別会場でドラムも教えています。音楽について語れば話題は尽きません。ピアノをモチーフに日々感ずることをメールマガジンで毎朝10時に配信しています。現在会員は世界中に1200名。もう3年目です。「ハンドベル@友の会」をネットで募り、東京・名古屋・神戸で参加型の演奏会を行なっています。当日初顔合わせの方。音楽を通してたくさんの出会いがあり人生を豊かにしてもらっています。これからも響き合う喜びを求めて。
 次はお向かいの山田瑞恵さんへ

助産師さんのサポートで自宅出産した「芽乃香(ほのか)」です。誕生の第一歩は自宅です。 山田瑞恵さん(道野辺本町
 自宅出産は産後が楽です。費用は少額で済みますし、家族で過ごせるのが一番。健康で妊娠経過が順調ならばお勧めしたいですね。  長男のアトピーで悩んでいた時偶然目にしたのが長野のペンションでのアロマセラピールーム。自分を責め続けていた精神的な疲れがアロマの香りで癒されました。惹かれるように通いつめ・・・。現在自宅で精油を使っての施術やアロマセラピストの養成スクールを開いています。精油の効能で自然治癒力が向上するのです。  

 次は息子が少年野球でお世話になっている父兄の津留崎奈美さんへ。

こんなに良い主人は滅多にいません。200点満点です(笑)。 津留崎奈美さん (道野辺本町)
 野球大好き一家です。小学4年、6年の息子達は1年生から中部ユニオンズへ。学校も野球も一日も休みません。私も仕事で学校行事にはでられないこともありますが野球に行くとお母さん同士で応援しながら笑ったり泣いたり、こんな楽しみも息子たちのお陰です。  50代で急逝した母。頑張り屋の母の仕事を継ごうと主人は会社を辞めて経営面を。私は乳児を保育園に預け、昼は社員食堂、朝晩は寮の食事と働きました。管理栄養士なので巡回や現場に入ったり…。体力的にきつかったけど、皆の応援、そして天国の母が見守っていると思うと頑張れました。委託給食の会社をもっと大きくして将来は病院食なども手掛けたいですね。
 次は保育園で一緒だった中山あゆみさんへばとんたっち。

トップページに戻る