タウン情報誌 City かまがや    

連載エッセイ37.気まぐれティータイム ★初オーディション合格★江上真悟 (俳優)

 毎春上演している美輪明宏さんの舞台は「黒蜥蜴」「愛の讃歌」「葵上・卒塔婆小町」「椿姫」「双頭の鷲」「毛皮のマリー」の6作品を回しており、「双頭の鷲」以外の全作品に出演しています。今年は「双頭の鷲」上演の為、何年か振りに美輪作品はお休み。

 ある日美輪さんからの電話。「今年は私の舞台お休みだけど男磨いといてよ」。僕曰く「美輪さんも磨いといて下さい」。美輪さん「分かったわ」。

 今年はその間テレビの仕事が続きました。土曜ワイド劇場「ショカツの女」(片平なぎさ主演)では偉そうに威張り散らす本庁の警部役。「水戸黄門」では悪代官役。水曜ミステリー9「捜査検事近松茂道」(高橋英樹主演)では悪どい社長役で荻野目慶子さんと夫婦役。以前小柳ルミ子さんと夫婦役を演った時はルミ子さんに殺されました(笑)。今回は山林で遺体として発見されます(笑)。

 この作品はオール三重ロケで、鳥羽にて9泊10日の長期滞在となりました。鳥羽は初めての土地。あまり活気のない商店街を歩いているとある看板を発見!「岩田準一と乱歩・夢二館」古い民家風の建物でした。興味を持って入ってみると、そこは鳥羽出身の画家であり、風俗研究家でもあった岩田準一が過ごした家で、彼の絵画や研究資料の他に、交流のあった江戸川乱歩、竹久夢二との書簡なども展示されていました。狭いながらも大正ロマン漂う空間でした。ひとつ知った事は岩田準一のライフワークが男色研究で、江戸川乱歩はその同好の友だったという事です。「へーっ!」って感じ。

 地方ロケで一番好きだった土地は島根県の松江でしたね。その時は桜田淳子さんも出演してました。スマップがデビューした頃の「あぶない少年」の時の香取慎吾君は小学校6年生でした。思えばテレビドラマ出演も70〜80本位になります。いつか鎌ケ谷ロケなんてあるのでしょうか……。

戻る