タウン情報誌 Cityかまがや90号

新京成電鉄主催 第24回健康ハイキング   参加者2000人を超す

 4月18日(土)鎌ケ谷八幡宮から午前9時スタート。コースは鎌ケ谷八幡宮 →鎌ケ谷大仏→道野辺八幡宮→根津神社→八幡春日神社→ファイターズタウン鎌ケ谷→大町公園→くぬぎ山駅・新京成電鉄本社前までの13km。天候にも恵まれ、新緑を楽しみながらのハイキングとなった。

子ども和太鼓「高野太鼓」 に送られて 
  出発に先立って子ども和太鼓「高野太鼓」の皆さんが太鼓を演奏。完走と健康を願った。指導しているのは大久保春雄先生。船橋市高野台の子どもたちに伝統芸能を残してあげたいと平成2年、この会を立ち上げた。
 大事にしていることは「挨拶」と「感謝」。親や周りの人々にありがとうという気持ちを持ってほしいと願う。技術よりもこういった場所に出ることによって、得るものがたくさんあるので、できるだけ演奏の場を作ってあげたいという。太鼓の道具類一切を退職金の一部で購入したり、道具の運搬も、大久保さんが負担するなど、個人出費も多いようだが、先生の篤い思いが伝わって子どもたちは元気に演奏していた。
 4月5日(日)も御滝不動で5時間お客さんを満杯にした。「子ども和太鼓」は3歳から高校生までとその親、約40人。会員は船橋市、鎌ケ谷市、白井市と3市にまたがっている。  練習場所は水曜日は八木が谷北小学校6時半から、土曜日は二和公民館音楽室6時から。そして同じく大久保先生指導の大人と子どもの「ソーラン舞」がある。こちらは舞と太鼓を練習。見学歓迎です。