Cityかまがや 91号 街・いきいき

人・人・人「東中沢夏まつり」 梅雨の晴れ間をぬって6月28日11時〜14時まで東中沢4丁目ふれあいの森にて。主催東中沢商店会、千葉土建組合、東中沢自治会。およそ1000人の参加者数。一番人気は鮎のつかみどり大会。200円で生きた鮎を自分で捕まえ、その場で塩焼きに。200匹用意した鮎は早々に完売。ジュースは50円で、お変わり自由。ブルーシートを敷いたテーブル席では焼きそば等を食べる子どもたちの笑顔。千葉土建組合は包丁とまな板削り、子ども丸太早切りコンテスト。住宅ちょっと相談コーナー。神輿も出て祭りは盛り上がる。
宙に舞った「子どもトランポリン講習会」 6月27日(土)、鎌ケ谷市立体育館にて。体育指導員主催。初めての体験に興味津々の子どもたち。鎌ケ谷在住、千葉県トランポリン協会の阪本和彦さんたちの指導を受けて、上手に跳べる様になり、跳び上がってボールだって受け取れるよ。
鎌ケ谷オリジナル曲演奏「消防音楽隊『鎌ケ谷ファイヤーフレンズ』」 7月4日(土)、10時〜12時。指導しているのはうら若き鎌ケ谷市在住渋谷博美さん。本日の練習参加者は14名。今練習しているのは「ジャズ ルンバ」。40年前の手書きの楽譜を団員の山本さんが持ってきたもの。「日本中誰もやっていない譜面です。鎌ケ谷オリジナル曲として完成させたい」と張り切っている。この曲の初演奏は鎌ケ谷市の夏祭り。
団員募集:活動内容 クリスマスイベントなど市の行事に年間10回ほど出演、火災予防の啓発をしている。会費:無料、練習日:週3回(水曜日午前10時〜12時、金曜日午後5時半〜7時、土日のどちらか午前中、見学歓迎)、練習場所:鎌ケ谷市消防本部1階会議室、会員数:32名〈男女半々くらい〉、問い合わせ:鎌ケ谷市消防本部消防総務課047−444−3234市村・白井まで。
大成功!「ショートマジックショー&マジック教室」7月4日(土)南部公民館にて。1時半〜3時半。松戸奇術会のみなさん5名を迎えて、マジックショーとマジック講座。参加者49名。コップ、トランプ、偽千円札などのマジック道具を450円で購入して、さあ、うまくいったかな?おとなも子どもも共に学び楽しんだひと時。
元気ハツラツ「第29回東葛地区親善レディースソフトボール大会」7月12日(日)暑い日差しの中緑の木々に囲まれた東野少年野球場に集まったのは、我孫子、野田、松戸、柏、鎌ケ谷各市の代表11チーム。上野選手のオリンピック好投でメジャーになった女子ソフトボール。始球式をしたのは、ナガセケンコウ株式会社というソフトボール製造会社の武田さん。ソフトボールを作っている会社は日本には3社しかないそうだ。鎌ケ谷市ソフトボール協会には女子連盟が4チーム60名、男子連盟は12チーム200名が所属。「70歳くらいまではがんばっていますよ」と協会会長の三谷さん。
皆既日食を見た!「2009.7.22」 屋久島に向かう船上から皆既日食観察というツアーに参加。時折降る雨、用意したカメラの三脚も手作りフィルターも強い風に飛ばされて、絶望かと・・。太陽がかけ始めた頃やや雲が切れ、少しばかりその姿を見せた。再び雲。
 そろそろ10時56分皆既日食の時間だ。と、何と何と雲が動いた。皆既の瞬間は周りが暗くなるというが、もともと暗かったが故にその暗さは感じられなかった。が、暗い闇から太陽が出てくるダイヤモンドリングのダイヤは、実にきらきらと煌めいた。そのきらめきの瞬間は実に短く、見とれている間に大きな光となって、三日月型の太陽へと形を変えていった。11時12分三日月形の太陽は再び雲の中に隠れてしまった。
 あらかじめ想定した準備や思いは瞬時に吹っ飛び、天候と悪戦苦闘の実にドラマチックな洋上での観察ツアーであった。隣で「ヤッター、ヤッター」と飛び上がっていた少年の声が今も耳に残っている。