タウン情報誌  Cityかまがや  91号

連載エッセイ44.気まぐれティータイム
★2009年春〜夏    江上真悟 (俳優)  

 復帰舞台となった「毛皮のマリー」(演出・主演 美輪明宏)は六月をもって全五十五回公演を終えました。稽古から数えると百十日間という長丁場!長い美輪さんの修道院でした(笑)。千秋楽のカーテンコールでは色々な想いが脳裏に蘇ってきたものです。

 去年の美輪組を降板し、杖片手に痛みに耐えながら足を引きずっていた一年前でした。観客の拍手も励みになりましたね。大阪ではちょうど新型インフルエンザ流行の真っ只中!殆どマスク姿の観客席は異様というか、不思議な光景でした。でもインフルエンザも美輪さんには通用しなかったようで……イヤ僕にも(笑)。広島のオフの時間には日本三景の宮島へと―。世界文化遺産でもある厳島神社はさすが威厳と風格があり、大鳥居も優美で雄大でしたね。鹿とも仲良しになりましたよ。

 その後カレンダーは進み……七月七日は十九年振りの七夕満月!そして二十二日は四十六年振りの皆既日食!七月の月のエネルギーは今世紀最強だったらしいですね。
 実はその頃からブログを始めました。以前もやりましたが、いつの間にか尻切れトンボ……(笑)。

 ではある日のブログより―
「ふたつの満月   七日の夜―満月だった!夜中、近所をぶらつきながら満月の写真GET!しかし、蚊に刺された!刺された跡は見事に満月の形をしていた。掻けば掻くほど、その満月は形が崩れることなく、だんだん大きくなっていった。爪でギュウっと十文字の形を入れた。満月は四分割された。帰りに小さなお店でハイボールを呑んだ。気が付くと、四分割された満月はそのまま一段と大きくなっていた。見上げると夜空の満月は笑っているようだった。しかし体の一箇所には今世紀最強のエネルギーが埋まっている。(写真付)」  今度は続けます!ご覧の程を……。   http://ameblo.jp/egamax/