タウン情報誌 Cityかまがや96号   連載エッセイ49 気まぐれティータイム

「テレビ番組 」     江上真悟(俳優) http://ameblo.jp/egamax/

 最近のテレビ欄に目をやると、ドラマの数はめっきり減り、相変わらずバラエティー番組がゴールデンタイムを独占しています。出演者も同じようなタレントや芸人ばかり‥‥(イヤ、失礼)「こんじゃ、格差社会です。テレビ番組も仕分けして下さい!」。国会中継などといったら‥‥。予算委員会って予算の論議をするんですよね? 事前に通達されている質問事項とその解答。原稿を読んでいる言葉に説得力はありません。それに与党から与党への分かりきった質疑応答。もう飽き飽きですね。議員さんたちも俳優養成所で訓練したら如何でしょうか‥‥。  そんな中、印象に残った番組をふたつ程。

★NHK教育ETV特集「98歳・新藤兼人の遺言」 新藤監督の戦争体験をもとに描いた映画「一枚のハガキ」。カメラはその撮影現場を追っています。この映画に賭ける監督の遺言ともいえる想いがヒシヒシと伝わってきました。本番で大竹しのぶさんが演じている姿をじっと見つめる監督の表情が印象的でした。上映は来年夏を目指しているようですが、その時監督は99歳になります。

★NHK全国学校音楽コンクール。中学校と高校の部がありましたが、10代なのにプロ顔負けの歌唱力には驚きました。歌っている顔は中学生でさえ大人に見えてきます。そして審査発表での歓喜の涙‥‥。その感動はこちらにも伝わってきました。僕の生徒にも観せたかったですね。
 ところでこの原稿を書いている頃、出演した「相棒」と「SP」の再放送がたて続けにあり、沢山のメールを頂きました。初めて観た人は「急に出てきたのでビックリしました」 ドラマは予告して出られませんので‥‥(笑)  ある親しい役者には「政治家になって、国会中継での江上さんを観たいですね」 その時は原稿なしで出演しましょう!(笑)