タウン情報誌 Cityかまがや98号

連載エッセイ51 気まぐれティータイム
「今年の春は」         江上真悟(俳優)http://ameblo.jp/egamax/

 前号の「Cityかまがや」が3月に発行された何日か後、東日本は大きく揺れ、日本中の人々の心も大きく揺れました。

 3月11日は「愛の讃歌」の稽古中でした。美輪さんはじめみんな外へ避難。新宿の高層ビルが揺れているのを初めて目にしました。あんなに揺れる地面を初めて感じました。前日の新聞一面の見出しだった「首相に外国人からの献金」記事も、ニュージーランド地震で多くの日本人が行方不明という悲報も全部ふっ飛んでしまいました。
 この原稿を書いている今は、震災後一ヶ月半近くが経っています。救援活動は活発化していますが、まだまだダメージと傷は深く、復興への道のりは想像を絶するものがあります。連日掲載されている新聞の震災被害状況では、最近になって死者の数がやっと行方不明者の数を上回ったのが現状です。世の中には「しょうがないこと」があるとはいえ、こうした天災という避けることの出来ない悲劇は、その思いをどこにぶつけたらいいのでしょう……。この場を借りて被災者の皆様には心よりお見舞い申し上げます

 そんな状況の中、「愛の讃歌」東京公演(ル テアトル銀座)は後半戦に突入しています。カーテンコールでは毎回スタンディング・オベーションと熱き歓声! 衰えを知らない美輪さんは更にパワーアップ! まさに聖なる怪物です! この号が発行される6月は全国公演の真っ只中ですね。きっと全国各地で共演の大和田伸也さんやYOUさんらと呑んでいることでしょう……(笑)  ちなみに今回の仙台公演は中止となりました。毎年お世話になっているので残念ですが仕方ありません。そして千秋楽は美輪組としては初めての沖縄公演です。実は日本で沖縄だけ行ったことがないので、今回で全県制覇となります。
 最後に……映画「SP 革命編」も多くの人たちに観て頂いたようです。ありがとうございました。